障害者就業モデル

障害者就業モデル

障害者就業モデル

障害者就業モデル

苔栽培における障害者の参画について

苔の栽培は、作業としては単純です。
城東社中は苔の栽培を日本全国の就労支援事業所にひろめています。
苔を育てるという日本独自の文化を一緒に産業化してくれる事業所を募集しています。
当事者の所得を上げたい。もっと自信の持てる仕事に取り組んで欲しい。
障害者が行う「仕事」というものを一緒に変えませんか?

障害者就業モデル

栽培をするには栽培委託契約が必要です。
契約後、苔についての研修を行います。
苔を栽培するのに必要資材の提供。
栽培技術については城東社中がきっちり指導を行います。
農業を通して地域との交流も深めていきましょう。

STEP1:圃場(農地)を探そう

仕事として実施する為には2反(2,000㎡)以上の農地が理想的な広さです。
路地でのケース栽培を実施するため、広ければ広いほど栽培数は増えていきます。
水、光、平地の揃うところが必要です。
田んぼが理想です。城東社中は休耕田を活用し栽培しています。
必要に応じた整備を行いましょう。
田んぼであれば、代掻き、耕運作業等を行い整備します。

STEP2:必要資源を整える

栽培に必要な資材を揃えます。
資材調達に必要な経費は、城東社中が負担いたします。
コメリさんとの取引がメインですので、近くにあると便利です。

STEP3:栽培を始めよう

地域の天候、地質に応じて資材は変わっていきます。
苔が育つ適切な環境をケース内で作ってあげます。
そのためには観察と理解が必要です。
これらの指導は城東社中が出向いて行います。
種まき紙の開発により、栽培作業は簡単です。

お問い合わせはこちら